RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

市川ジェームス洋二 JAMES WEB SITE

市川ジェームス洋二の公式ホームページ
<< セルフライナーノーツ | main | 予約、前売りが >>
祝36周年
0

    デビューしてから経ちました。
    毎年のことなんでもう珍しくないですね、
    それでもスライダーズ物語は着々と進んでます。
    今回は「天使たち」の頃、
    レコーディング、
    武道館ライブなどもありもうグチャグチャ。
    そんな状況でもまだ悩んでるの?
    往生際が悪い奴。
    ところで秘蔵音源は何にしようかな?


    ●3月2日(土)横浜野毛「smoky/デビュー36周年記念イベント」

      一部はスライダーズ物語、
        今回はいよいよ腹を括るか?アルバム「天使たち」の頃。
      二部はスライダーズセルフカバー。  
        
      開店 19:00 開演 19:30 チャージ2500円 +ドリンク
      横浜市中区野毛町1-1都橋栄福ビル2F
         http://smoky.main.jp/

    ●1月6日(日)横浜蒔田「アビーム/THE VODKA」


    「HOME」セルフライナーノーツ

    1、「WonderfulWorld」

    どうも近頃は、
    良いニュースがあまり無いような気がする。
     地震台風大雪…、
     被災した皆さんに、
    どうか明るく楽しい未来を。
     諦めずどこまでも突き進む、
    きっと「素敵なイイ事」があるはず。

    モータウン調のリズムにスタックス風のホーン…、
     色んな要素を盛り込んだが…、
     分かる人には分かる曲。

    2、「KeepOnWalkin'」

    バンド時代は考えたことなかった事、
     解散して現実を突きつけられた事、
    ミュージシャンなのか、
    アーティストなのか?
     生きるための音楽か、
     音楽のために生きるのか?
    そのためには普通の幸せは諦めることも…。
    そんな思いをしても、
     僕の周りには音楽のために生きている人が多い、
    そんなブレない人にいつか自分もなりたいのだが、
    いつもその間で揺れている。
    これからもずっと「悩みながら歩きつづける」のだろう、
    それが僕らしいのかな?

    ストーンズやTレックスの流れを汲むブギーナンバー。

    3、「KeepOnMovin'」

    以前地元の小学校で6年生相手に「将来何になりたい?」、
    をテーマに授業をしたことがある。
     今は便利な時代、
     何でもすぐ手に入り、
     実現してしまうが
    頭デッカチ…、

    そんな様なことを先生が心配していた。

    世の中には主役がいて脇役がいる…、
    とにかく「自分に合ったポジション」を見極めること、
    それまで成功しようが失敗しようが…、
    そのプロセスも大事だと…。
     僕みたいなのは時代遅れなんだろうけど、
     参考になったかどうか?
    とにかく「探し続ける」のだ。
    ミーターズを意識したベースライン、
    そしてバンドのグルーヴで押しまくる!

    4、「Horizon」

    数年前に胃に腫瘍ができたことがあり…、
    ショック。
     突然めまいや動悸が起きたり、
     一年の内に三回も高熱が出たり…。
    そういう時に限って本番とかで休めない、
    フラフラの状態でも何とか車を運転して、
     途中何度も休みながら現場へ、
    それでも何とか乗り切った。
     他にも人間関係やお金の事もある…。
    ある日、
     遠い水平線に静かに沈む夕陽を眺めてふと思った、
     「何てことない普通の生活」が幸せなんだと。

    バーズとかのフォークロック調?
    そのつもりがGS調に…。

    5、「MyHomeTown」

    昔吉祥寺の喫茶店で、
    アルバイトをしていたのだが、
     見込まれてカウンターを任されるようになり、
     朝店を開け仕込みをして、
    サイホンでコーヒーを淹れる。
     皆からも「よーじ君」と呼ばれ、
     何となく居心地も良くて楽しかった。
     喫茶店のマスターになるのも悪くない?
    でもバンドマンを目指しているのに、
    ずっとこのままで良いのかどうか
    葛藤が…。
    その後何とかプロになったものの、
     辛い現実と重圧で…、
     大人になるって事は、
     思い通りに行かないことばかりなんだなあ、
    もしあのまま喫茶店をやっていたら…、
    なんて思う。
    そんな良くも悪くも色んな「青春の思いが詰まった街」だ。

    ソウルバラード?
     歌が黒くなくてスミマセン!
    せめてソウルフルな演奏をお楽しみください。

    6、「LittleVillage」

    先輩ミュージシャンから聞いた話で、
     自分の立ち位置と、
     真逆の位置から自分の立ち位置を眺めると、
     自分のことが良く分かると…。
    たまにはR&Rという小さな村を離れ、
     遠くから眺めてみると、
    その大切さが分かるもんだ。
     大きなことはできなくとも、
     「身の丈に合った生き方」で良いのだ。

    スワンプロック調、
    フラワー、ピースな曲。

    7、「Change」

    吉祥寺パルコの本屋に行ったら閉店していて、
     今度は映画館になるそうだ。
    それにしても、
     最近目まぐるしく街が変わりすぎて心配だ。
     空き店舗、
     空き地、
    その代わり大型チェーン店が増え、
    このままでは本来の吉祥寺らしさが…。
    いつの間にかプチセレブ、
    オシャレなイメージになったけど、
     変わりゆく街、人達と「上手く付き合う」しかない。
    いっそのこと昔の様な素朴な街に戻れば…、
    それも悪くない。

    ソウルと、ちょっとラテンも…、
    あの感じ分るかな?

    8、「Sunshine」

    太陽みたいな人が、
     情けない僕を叱咤激励…、
    いつも背中を押してくれた。
     月と太陽、
     「太陽」がいるから「月」が輝いているんだ。

    サザンソウル調なんだけど、
    ちょっとレゲエも…。

    9、「ThankYou」

    太陽が、
    ある時曇り空に隠れてしまった。
    もう一度輝いてもらうために、
     今度は僕が頑張って曇り空を晴らすのだ。
    いつか僕のために、
     「笑顔」を取り戻してほしいから。

    フォーク、フレンチポップスも少々。

    10、「GO!GO!GO!」

    旅で出会った人達へ、
    そして誰とでも簡単にセッションできる、
    3コードのシンプルなR&Rナンバーを!
    そしてまた「ゴキゲンな夜」を…。

    ズバリ直球!
    チャック・ベリー調、
    ついにやっちゃった!

    11、「孤独な太陽」

    ひょっとしたら、
     華やかな人気者ほど孤独なのかもしれない…。
    ノリは良いのにどこか物悲しい…。
    そんなイメージをインストゥルメンタルで表現しました。
    プログレでもフュージョンでもない、
     「JAMESBANDならでは」のインストナンバー。

    グルービーなリズム、
     昭和なメロディー、
    ラテンなホーン。
    それはムード歌謡?
    いやいや所詮R&Rバンドなんで…、
     炸裂してます!

     

    2ndソロアルバム「HOME」
     
     ソードフィッシュ通販予約受付は12月22日(土)13時から、
      http://cafeswordfish.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1521781
     発送は11日です。

      ディスクユニオン店頭販売、通販受付は、1月12日(土)から。

       手売りは1月19日(土)「SILVER BACK」からです。

    | Diary | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.jamesichikawa.com/trackback/1239957